葬儀で気をつける事とは?
2019年4月18日

自宅で葬儀を行う際のポイント

昔は自宅で葬儀を行う自宅葬が主流でしたが、今ではセレモニーホールなどで行われると場合がほとんどです。

そのため自宅で葬儀を行う人はかなり少なくなりました。しかし自宅で最後を迎えたい人はたくさんいます。自宅で葬儀を行う場合には幾つか注意点があります。自宅で葬儀を行う場合にはスペースが必要です。導師の控え室や来客のためのスペースが必要になります。マンションなどで行う場合には出棺できるスペースがあるかどうか確認になります。近所への配慮も必要です。

葬儀を行う際にはかなり音がするので、事前に通知しておく必要があります。付き合いのある近所の人だと、地域によっては手伝いをしてもらう場合もあります。事前に通知しておくと手伝いの準備ができます。最後に自宅で行う場合にはかなり準備が必要です。プロをお願いする場合でもセレモニー会館などを利用する場合と比べて、掃除などの準備をする手間がかかります。プロを頼んでもかなり手間がかかる自宅葬ですが、メリットもたくさんあります。一つ目のメリットは時間がたくさんある事です。

会館では時間に制限がありますが自宅葬だとその心配はないので、時間に余裕を持つ事が可能です。そのため故人とのお別れを心ゆくまで行う事ができます。二つ目は自宅で最後を迎える事が出来る事です。自宅で最後を迎えたいと考えている人はかなりいます。中には遺言で自宅葬を望む人もたくさんいます。自宅葬だとそのような故人の望みを叶える事も可能です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *